Since 2005/04/01  過去記事一覧へ  現在の掲示板へ  クミコ音楽酔星へ  
★ クミコ音楽酔星 掲示板 ★
過去記事(24) 2010年1月〜2月 No.3,803〜3,875


 No.3875 ダウンロードしました from マッチ  2010/02/26 21:31

今の携帯はすぐれもんで、曲をダウンロードすると 歌詞も見れるので〜一人カラオケができます。
私は即「祈り」の着うたフルを取りました。 もちろん、CDも購入しましたよ。。
携帯はすぐに聞けるし、持ち運びに便利です。 I podは耳に負担がかかるので、電車の中とかで使用します。
よーし 覚えてカラオケで配信されたら唄うぞ!!
いい曲だもんね。
いつか又、おにまさんの美声を聞きたいなあ〜〜.

 No.3874 クミコ 「INORI〜祈り〜」のPV映像 from おにま  2010/02/26 11:50

http://www.youtube.com/watch?v=4ZF9E_gnYpc
avexnetworkがアップロードしていますから、PV(販促ビデオ)正規版です。

 No.3873 >NHK-FMと朝日夕刊記事 from おにま  2010/02/26 11:46

◆momoさん
NHK-FM「歌謡スクランブル」の情報はYさんからもらいました。

◆yonghaさん
mixiで広島版の記事見ましたよ。
東京版とほとんど同じですが、最後の方の文がちょっとだけ足したり削ったりされていました。
それから写真はツーショットだったんですね。こちらでは顔だけが切り取られて別々の写真になっていました。

 No.3872 夕刊の記事を載せています。 from yongha  2010/02/23 23:54

ベレー帽をかぶったクミコさんと佐々木さんが二人で
載っています。
mixiにアップしています!
 

 No.3871 NHK-FM「歌謡スクランブル from momo  2010/02/23 11:53

おにま様

情報感謝感謝!!
処々の事情により、私いまだ新曲「INORI〜祈り〜」聴いてませんので。

 No.3870 「 INORI 〜祈り〜 」情報 from おにま  2010/02/22 23:55

いよいよあさって24日(水)に発売されるニューシングル「 INORI 〜祈り〜 」。いくつか情報が。

◇2月21日(日)産経新聞大阪版 茶目子のつれづれ/『「折る」は「祈る」』
 → http://www.puerta-ds.com/kumiko/essay-and-words/tsurezure/archives/201002.html

◇2月22日(月)朝日新聞夕刊に新曲「 INORI 〜祈り〜 」と佐々木禎子さんについて記事掲載

◇2月24日(水)NHK-FM「歌謡スクランブル」で「 INORI 〜祈り〜 」オンエア 13:00〜14:00の番組中
 → http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/ch.cgi?area=001&date=2010-02-24&tz=afternoon&ch=07

 No.3869 幸せ郵便 from おにま  2010/02/20 11:51

◆しまちゃん → 礼子さん へクミコさんとのツーショット写真。
(これは観客席に書かれていますが)奥田さん → むゆさん →Takashiさん へクミコさんのエッセイの音訳。

 幸せ郵便のはいたつ人、ご苦労様でした。

◆礼子さん
香川有美誕生日ライヴ、風邪で残念でした。
いつかつれあいさんと一緒にお出でください。

 No.3868 クミコ局長のお人柄ゆえ♪ from 礼子  2010/02/20 08:20

そうですとも!
そしてヤギさん郵便のはいたつ人さんのお人柄ゆえ。

 No.3867 めえぇ〜 ♪ よかったなめえぇ♪ from むゆ  2010/02/19 07:55

愛と幸せを運ぶ ヤギさん郵便のはいたつ人です。
これもクミコ局長のお人柄ゆえ。
 

 No.3866 礼子さんへ from しまちゃん  2010/02/19 01:41

クミコさんの隣で少女のように夢心地の礼子さん!
喜んでいただける写真をお届けできて私も嬉しいです。
こちらでも ヤギさん郵便大活躍!
むゆさん ありがとうございました。

 No.3865 しまちゃん ありがとうございました!! from 礼子  2010/02/18 20:31

しまちゃんへ

蛙たちでお会いすること叶い、とっても嬉しかったです。
クミコさんとの夢のツーショットのお写真に感激でした。
このところ風邪でダウン、つらい思いもすっとびましたよ!!
本当にありがとうございました。
しまちゃんの笑顔忘れません。いつか又お会いできます事
楽しみにしてます。

「INORI〜祈り〜」いいですよね〜。ラジオでも蛙たちでも
聴いてるうち涙がでてなりませんでした。


おにまさん

香川有美誕生日ライヴ寝込んで行けずに残念でなりません。

中村ヨシミツさんのギターとの掛け合いはホント!素晴らしい
ライヴですね。そして隠れた逸品の手打ちそばは最高でした!!
のど越し良くつや良く味よしこんなに長く生きてきて初めての
本当の手打ちそば味わいました。
夫にも是非!素晴らしいライブも手打ちそばも味わせてやりたいです。

 No.3864 香川有美誕生日ライヴ from おにま  2010/02/16 22:56

あす2月17日(水)に新宿三丁目「石の花」で開催されます。

有美さんはあすで54歳なので、クミコさんより1歳下。
でも銀巴里のオーディションに史上最年少の17歳で合格していますから、27歳の時に受けて合格したクミコさんより銀巴里では先輩になります。
ポルトガルのファド、大塚博堂の懐かしい曲、宇崎竜童・阿木燿子コンビの激しい曲、シャンソン、オリジナルなどなど・・・
いつもながら中村ヨシミツさんのギターとの掛け合いが素晴らしいライヴに、ぜひお出でください。
また、ここの手打ちそばは隠れた逸品ですよ。

香川有美誕生日ライヴ
2月17日(水)午後7時30分〜8時頃開演
3,000円(1ドリンク付き。追加のドリンク・食べ物500円、手打ちそば800円)
唄/香川有美 ギター/中村ヨシミツ
「石の花」新宿区新宿3-10-2  TEL:03-3354-1026
伊勢丹から寄席の「末広亭」に向かい、近くの「どん底」と同じ路地にあります。
地図 → http://www.todoland.co.jp/hana/hana.html

 No.3862 >>奈良大和郡山のコンサート from おにま  2010/02/16 21:38

yonghaさん、Kiiちゃん、しまちゃん

コンサートの報告とセットリストをありがとう!!!
女性の比率が圧倒的に多かったようで。
MCはおとなしめだったですか。初めての場所で押さえたのかも。
でも我々としては「ぶっ飛んだMC」がやはり大好き(笑)。

不明の新曲は「五月の空」、「INORI〜祈り〜」のカップリング曲です。
写真撮影については会場によって、ずいぶん異なりますね。

>玲子ちゃんがあまりにも綺麗なので途中から玲子ちゃんばかり見てました。(笑)
オヤオヤ(笑)。玲子さんのファンも多そうですよ。

>(yonghaさんの)奥様はちょっとクミコさんに似た美女です(パチパチ)
オオッ!

>上条さんの音に耳が慣れているので
>ちょっと違和感がある曲も無いとは言い切れないですが
特に「わが麗しき恋物語」の伴奏で違和感を感じるところが私もあります。
端正なピアノということは言えますね。

>第一部 スレンダーな体に紫のドレスをまとい舞台中央にスッとたたずむクミコさん
紫のドレスってこれでしょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=JSJJLJjknM0

>終演後の女性用トイレでは「よかったね〜」の声しきり!
奈良にも新しいファンが増えるのは嬉しいな。

 No.3861 郡山コンサート 補足U from しまちゃん  2010/02/15 10:34

yonnghaさんのセットリストへの追加です。
二部の「わたしは青空」の前に朗読がありました。
(届かなかったラヴレターソングブックの中で井上芳雄さんが朗読されている手紙です)

第一部 スレンダーな体に紫のドレスをまとい舞台中央にスッとたたずむクミコさん まさに観世音菩薩のようでした。

新曲の「INORI〜祈り〜」いいですね。
3番のところで 亡くした大切な友の顔が浮かび涙がこぼれました。

終演後の女性用トイレでは「よかったね〜」の声しきり!
奈良にクミコファンが増加したことまちがいなしです。

 No.3860 郡山コンサート from Kii  2010/02/14 17:46

補足します

>男女比問題
8:2ぐらいにおもえましたね
60歳台のご夫妻が目だちました
座った席にもよるのでしょうね
>クミコ節の炸裂不足問題
一部は大人しい感じでしたね
二部の「シャンソニエの一人客」という(お馴染みの)話はすでに名人芸の域に達しています
話芸に円熟味が加わった感がありますデス
>握手会問題
カメラって案外と時間を食いますからね
肩が出た舞台衣装のままで
寒いホワイエでコートも羽織らずに立ちっぱなしの握手会ですから
しかたないよ>yonghaさん
>「伊丹に住んでいます」問題
そーなんですよ
yonghaさんは大阪に栄転されまして
アタシと同じ伊丹に転居されました
来月からはご家族四人での伊丹暮らしだそうです
奥様はちょっとクミコさんに似た美女です(パチパチ)
>双眼鏡問題
今度ベースが大坪さんの時は貸してください(こら)

コンサートの感想(真面目バージョン)
全体的にグッと緻密にまとまってエエ感じでした
yonghaさんのおっしゃるように
聴衆お馴染みの薄い奈良の方々だったからなのか
それとも(本家HPでも話題になった)視覚障害の方々が
観客席にいらっしゃるのが
クミコさん自身が分かっていらしたからなのか
コトバを一つ一つ丁寧に
掌に包んで手渡されている感じがしました
上条さんの音に耳が慣れているので
ちょっと違和感がある曲も無いとは言い切れないですが
大貫さんの端正なピアノも楽しめました
曲数はいつもとアマリ変わらないのに
時間が経つのがスゴク早く感じたのは何故?
(MC控え目だったから?)
みなさんきっとクミコさんのぶっ飛んだMCが大好きですよ
もっとぶっ飛んでください

エエコンサートやったなぁ〜

 No.3859 奈良大和郡山のコンサート報告 from yongha  2010/02/14 02:38

今日は待ちにまた郡山のクミココンサートでした。大阪に転勤してきて大和路を快速電車でやく1時間、伊丹からだと約1時間20分のJRの旅でした。
今回はチケット2枚ゲットしていましたが実家(広島)の母がどうしても仕事でこれなくてやむなく1人で行きました。

会場は約500人位で空席が後方に少しありました。
お客様の年齢層55歳以上が90%で男女比は9:1の割合で女性が圧倒的に多かった。

はじめて来られる(クミコさんを初めて見る方)人も多く、その雰囲気を感じていつものクミコ節の炸裂はあまりなく、非常に上品で優等生的なMCで、こちら(僕だけかも)がMCについて脱線しないだろうかヒヤヒヤして聞いていました。(笑)
コンサートが終わりロビーでCDの販売がありクミコさんがやさしく買っても、買わなくっても握手会に参加して帰ってと言っていました。ぼくはCDを買ったのでサインをもらって帰りました。

握手会のこの会場のカメラ撮影のガードは非常に厳しく持っていただけで、カメラは禁止ですのでと係員に先制攻撃されやむなく撃沈して1枚も撮れませんでした。非常に残念でした。

僕はその握手会のときKIIちゃんとしまちゃんと一緒だったので、気心も知れていますので「ねーさん!お疲れさまでした。10月に大阪に転勤になり今、伊丹に住んでいます」と言ったらびっくりされてました。

ちなみに今回は新兵器の双眼鏡を持参し席が後方だったせいもあり非常に重宝しました。
玲子ちゃんがあまりにも綺麗なので途中から玲子ちゃんばかり見てました。(笑)


大和郡山クミココンサートセットリスト

(1部)

1.愛しかないとき
2.一本の鉛筆
3.愛の追憶
4.朗読(娘からお母さんへの手紙  母へ私があなたから産れて65年たちました・・・)
5.新曲(曲名がわかりません   感謝しますという詞が印象的でした)
6.私の神様
7.愛の讃歌

(2部)

8.届かなかったラヴレター
9.私は青空
10.十年
11.百万本のバラ
12.わが麗しき恋物語
13.友よ
14.幽霊

(アンコール)

15.ラストダンスは私に
16.INORI~祈り~

ピアノ 大貫さん
バイオリン・胡弓 土屋玲子さん
ベース 大坪寛彦さん
パーカッション 栗山豊二さん
<

 No.3858 >奈良大和郡山のコンサート from おにま  2010/02/13 02:10

yonghaさん

いよいよ10ヶ月振りのコンサートですね。
Kiiちゃん、しまちゃんはもちろんのこと、名古屋からご住職夫妻、東京からむゆさんご夫妻も参集します。
私は残念ながら行けません。というのも14日に東京で新井英一さんの「清河への道 48番」完唱ライヴがあり、私も4人の幹事の1人なっているからです。
報告を楽しみにしています。

広島出身だと原爆はとても身近に感じて来たことでしょう。
平和記念公園と資料館は私も昔、訪れました。
音声ガイドは吉永小百合さんの朗読でした。
小百合さんは原爆詩の朗読も何回かされていますね。

原爆を体験された人たちだけでなく、あの戦争の体験者も少なくなってきています。
日本は二度と戦争をしてはならない、戦争に繋がるような安易な道も防がなければいけない、と声を大にして言いたいと思います。

 No.3857 >「届かなかったラヴレター コンサート」 from おにま  2010/02/13 01:45

恵理さん、お帰りなさい。

19日の札幌公演まで1週間を切りました。楽しみにしてください。
「INORI〜祈り〜」はとってもいい曲ですよ。
クミコさんの広島コンサートが実現するように期待しましょう。

 No.3856 明日は待ちに待った奈良大和郡山のコンサート from yongha  2010/02/12 23:27

大阪に転勤して初めてのクミコさんのコンサートです。
昨年の4月の「蛙たち」以来です。

>恵理様
広島出身のぼくは、小さいころから平和教育、中でもとりわけ
原爆についてはよく勉強をしたものです。
しかし今、「語り部」と言われる、原爆の被害実際にあった
年代の人が高齢化や病気のために亡くなり、原爆の事実を
知って後世に伝える人が少なくなっているのは事実です。
僕が「佐々木禎子」さんを知ったのは、小学校1年の時の、夏休み
で学校からもらう「夏休の友」という宿題の冊子の中に掲載
されていたことを思い出します。
平和資料館に行ったら今でも目をそむけたくなる遺品等が展示してあります。

>身近に被爆者を知らない私にとっては本や、映画等の中でしか知らない世界ですが、決して忘れてはいけない歴史の一こまと心しております。

本当にそう思います。
恵理さんも機会がありましたら是非広島にお越しください。

僕もいつか冬の札幌のクミコさんのコンサートがあるとき是非
行きたいと思っております。

 No.3855 「届かなかったラヴレター コンサート」 from 恵里  2010/02/12 09:01

いよいよ「届かなかったラヴレター コンサート」札幌公演が近づいてまいりました。
つれあいと共にホテル一泊の予定で出かけます。

おにまさんの
>とりあえず昨日のセットリストを。
を見て、念願の「INORI〜祈り〜」を聴けると思うとわくわくしてきます。
私、まだ一度も聴いておりません。

yonghaさんのレスを見て、身近に被爆者を知らない私にとっては本や、映画等の中でしか知らない世界ですが、決して忘れてはいけない歴史の一こまと心しております。

>yonghaさんが書いているように、この曲を「一本の鉛筆」と一緒に広島の地でぜひ唄って欲しいですね。

本当にそう思います。
そのときは、念願の広島の平和公演に行けるきっかけにしたいと思います。
私、まだ広島平和公園に行ってないことなんだか罪悪感のように感じているのです。

世界でただ一つの被爆国の日本人として、やはり広島には行かなくちゃならないと思ってます。

 No.3854 「INORI〜祈り〜」 from おにま  2010/02/12 00:17

yonghaさん、お久しぶり。

8月6日のあの朝、ちょっとした運命の差が生死を分けた事実は多いようです。
yonghaさんのお父さんは幸運だったわけですが、同級生がたくさんの亡くなった悲しい現実は忘れようがないことでしょう。

「INORI〜祈り〜」は今までに3回聴きましたが、回を追うにつれ良くなっています。
今年のコンサートでは必ず唄われるでしょう。
yonghaさんが書いているように、この曲を「一本の鉛筆」と一緒に広島の地でぜひ唄って欲しいですね。

佐々木祐滋さんのブログ紹介、ありがとうございます。
祐滋さん、びしっと決めて行ったようですね。自分の曲をクミコさんが唄うのを聴いて感無量だったことが分かります。
新橋の「呑龍」というラーメン屋で店長をやりながら頑張っています。
「呑龍」 → http://p-38design.com/ramen/ta/donryu.html

◆「平和講演会・コンサート」
3月13日(土)午後1時30分〜4時
四谷区民ホール(東京都新宿区内藤町15) 入場無料
第1部平和講演会
・被爆体験講話 ・歌と語 り
第2部コンサート
・講演内容「歌と語り」佐々木祐滋

 No.3853 ご無沙汰をしております! from yongha  2010/02/11 22:42

佐々木祐滋さんのブログにコンサートのことが載っていました。

http://ameblo.jp/god-yuji/

やはりこの曲は「広島」の人に数多く聞いてほしいですね!
以前にもこの掲示板に僕の父の事を書いたと思いますが
原爆の炸裂した閃光を父は宮島で偶然にもみています。
8月6日の朝・・・
今でもあまり話そうとはしませんが同級生はすべて一瞬にして
亡くなったそうです。
父が学徒動員で宮島に配属になったのは運命のいたずらで
母が(僕の祖母)招集日を間違えて遅い日を伝えたために
父は福山からの同級生と離れ宮島に配属されて難を逃れたそうです。
特に今回のこの曲は僕にとっては人一倍、広島を想い
戦争を無くし、核を廃絶してもらいたいという願いと祈りが
こもってます。

 No.3851 「届かなかったラヴレター コンサート」 from おにま  2010/02/10 10:27

とりあえず昨日のセットリストを。
クミコさんの新曲3つはすべて出ました。

2010/2/9 渋谷・オーチャードホール セットリスト

第1部
(序章の言葉/徳光和夫&上柳昌彦)
1.手紙1 (朗読/徳光)
2.「届かなかったラヴレター」 クミコ
3.手紙2 (朗読/上柳)
4.「世界に一つだけの花」 井上芳雄(オリジナル/SMAP)
5.手紙3 (徳光)
6.手紙4 (上柳)
7.「車輪」 クミコ&井上芳雄
8.手紙5 (徳光)
9.「見上げてごらん夜の星を」 井上芳雄(坂本九)
10.手紙6 (クミコ)
11.手紙7 (上柳)
12.「ホームにて」 クミコ(中島みゆき)
13.手紙8 (井上)
14.「瑠璃色の地球」 井上芳雄(松田聖子)
15.佐々木禎子のメッセージ (上柳)
16.「INORI〜祈り〜」 クミコ(佐々木祐滋)

第2部
1.手紙9 (徳光)
2.「会いたくて」 井上芳雄
3.「わたしのフェアリーテール」 クミコ
4.手紙10 (徳光)
5.「明日」 井上芳雄 (アンドレ・ギャニオン、平原綾香)
6.手紙11 (上柳)
7.「わが麗しき恋物語」 クミコ(バルバラ)
8.寺山修司「さらばハイセイコー」 (徳光)
9.「STAY GOLD」 井上芳雄(スティービー・ワンダー)
10.手紙12 (クミコ) 
11.「五月の空」 クミコ
12.手紙13 (上柳)
13.手紙14 (徳光)
14.手紙15 (井上)
15.「わたしは青空」 クミコ&井上芳雄

アンコール
1.「車輪」 クミコ&井上芳雄
2.手紙16 (上柳)
(終章の言葉/徳光)

演奏/大貫祐一郎(ピアノ)、土屋玲子(ヴァイオリン&二胡)、板倉賢林(シンセサイザー)、大坪寛彦(エレキ・ベース)、栗山豊二(パーカッション)

 No.3849 >>蛙たち from おにま  2010/02/06 23:39

気の滅入ることがあって、しかもそれに追い打ちをかけるようにパソコンがダウンして・・・
しばらく書き込む気力も手段もありませんでした。

パソコンについてはどうも昨年後半以降、不具合が時々起こるようになっています。
先週、ある冊子を作るために連日酷使したことも影響したかもしれません。
もう寿命が近づいているような感じで、買い換え時かな。痛い。

◆礼子さん、masaさん、(ここではお初の)タカミぃさん

蛙たちの報告、ありがとうございます。
「届かなかったラヴレター」コンサート直前なのに、関連の曲は出なかったようですね。

 No.3848 麗しき蛙たち from タカミぃ  2010/02/01 22:44

 おにまさま。はじめまして〜。ってちがうかぁ〜
大変長らく、ご無沙汰しております。初登場のアラフォー娘です。
 いやあぁ、蛙は、よかったです。
オープニングの、上条ピアノ〜あなたがほしい〜も、しびれましたし、アタマの、私の猛獣狩りは、とても威勢が良くて、シャンソニエならでは、のノリでしたし、ほどなく、私の神様では、音もなく号泣でしたから〜。。
 そして、やはり、新曲、祈りは、本年度、紅白に、通用するのではないか、と感じざるを得ませんでした。
 おにまさま、本年は、荻窪シャンソニエの王道、リラで歌に酔いしれ、飲み明かしましょうね。

 No.3847 >蛙たち from masa  2010/02/01 22:34

「蛙たち」・セットリスト

夢の中に君がいる
私の猛獣狩り
もう森へなんか行かない
情熱
私の神様
愛する時
INORI
満州娘

乙女のワルツ
1本の鉛筆

今日までそして明日から
百万本のバラ
わが麗しき恋物語
煙草屋の娘
こんにちは赤ちゃん
幽霊

ラストダンスは私と

今回は押すな押すなの大盛況・??
お店がオーバーブッキングしたのではと思うほどでした・(汗)
しかし・・
「届ラヴ」公演での朗読等を行う 徳光さんを拝見出来ました

「INORI〜祈り〜」は やはり重く心に響きました・♪

徳光さんはTVで見る印象よりも大きい方で少し驚きました・(笑)

(ブラボーさんに書き込んだ内容とほぼ同じものです・・(汗))

当日 お声が聞こえたような気がしたのですが・??

 No.3846 >蛙たち from 礼子  2010/02/01 21:17

いつのまにか雨が雪に変わり冷え冷えと急に寒くなりました。

まとまった報告は何方かにお願いするとして。
どの歌も当然素晴らしかったのですがINORI〜祈り〜に感銘を受けました。

歌姫クミコさんとて生身のニンゲン、食べられない状態にならぬよう無理しないよう、なにとぞご自愛くださいね。
私もずっとずっとクミコさんの歌声が聴けるよう願いつつ日々
を過ごしています。

これからもコンサートやライブでクミコさんの歌が聴ける日を
楽しみに夢見ています。

 No.3845 蛙たち from おにま  2010/02/01 00:24

どなたかまとまった報告、お願いします。
 No.3843 クミコ・外国カバー曲の原曲を聴いてみよう 4 from おにま  2010/01/26 07:31

さあ、今回はバルバラの「わが麗しき恋物語(Ma plus belle histoire d'amour)」(1966年)。
バルバラの書いて唄った名曲中の名曲です。

◆バルバラ「わが麗しき恋物語」
 http://www.youtube.com/watch?v=fMIrSnOd38Y

◆クミコ版「わが麗しき恋物語」もYouTubeにアップされている。
 http://www.youtube.com/watch?v=V5xcEzgQXjg
 アルバムでは『愛の讃歌』と『クミコ・ベスト わが麗しき恋物語』に、また別テイク版が『わたしは青空ーコクーン・ライヴ』のCDとDVDに収録されている。

◇「わが麗しき恋物語」の覚和歌子作詞(2002年)
 http://j-lyric.net/artist/a04d9a0/l018ccc.html

◆皆さんご存知のように、この曲は歌手クミコを広く世に押し出した曲だ。
 歌詞はバルバラの原曲とはまったく異なる。だから覚和歌子さんの書いたのは「訳詞」ではなく、「作詞」だ。
 これはクミコの意向に基づくものてあり、日本の女性の物語に置き換えられた。
 この点に関しては日本の一部のバルバラ・ファンから、とんでもないという批判が出されたことがある。
 しかし、それは程度の低い意見だと私は思っている。
 バルバラは迫害を受けた民の出だ。自分が権威付けられて、それを盾に人が中傷されることを許さないだろう。
 バルバラ本人が生きていてそのことを聞いたら、きっとこう言うだろう。
 ”クミコ、あなたはあなたの「わが麗しき恋物語」を唄いなさい”と。

 「歌」というものは生きているのだ。歴史の浅いクラシック音楽と比べて、特にポピュラー音楽は様々な替え歌が作られてきた。そして、新たな詞が付けられることによって新たな命が吹き込まれて、別の輝きを持つ曲に生まれ変わった例はたくさんある。
 ブラジルの「黒い母」という曲がポルトガルのファド「暗いはしけ」へ、「ロンドンデリーの歌」が「ダニー・ボーイ」へ、クロード・フランソワのシャンソン「いつものように」がシナトラの「マイ・ウェイ」へ等々・・・探すときりがない。このシリーズ2回目で取りあげた「百万本のバラ」もそうだ。
 みんな歌詞はまったく異なるものへと変わった。そして、別の命が生まれている。それはそれでいいのだ。
 クミコの「わが麗しき恋物語」をたまたま聴いて、いかに多くの人々が心を揺さぶられたことか。それが大切なことだ。ネット上にはそのコメントが溢れている。

◆最後にバルバラの原詞を参考までに。
 「わが麗しき恋物語」原詞
 http://fr.lyrics-copy.com/barbara/ma-plus-belle-histoire-damour.htm
 原詞の日本語訳
 http://blog.livedoor.jp/aara/archives/50808893.html

 No.3841 若い歌手・いい唄いろいろ 4 from おにま  2010/01/26 00:06

今回は奄美大島出身の20歳と30歳の歌手の唄。

◆城南海(きずき みなみ)「アイツムギ」
 http://www.youtube.com/watch?v=KAl_-t-5Stk
 クミコさんの「あの日、桜の下」と同じ川村結花の作詞・作曲。

◆里アンナ「恋し恋しや」
 http://www.youtube.com/watch?v=GXXlytQCSfk
 同「夢何処」 クミコさんのコンサートでお馴染みの大坪さんがバックでベースを弾いている。
 http://www.youtube.com/watch?v=Pih7F2ts5bA 
 同「吾島(WANSHIMA)」 イメージを一新して、奄美島唄の匂いを感じさせる曲。
 http://www.pacificmoon.com/anna/

 No.3839 つぐみさんへ from おにま  2010/01/25 23:41

ビオレータ・パラの足跡を辿るドキュメントは以前、NHK・BS「世紀を刻んだ歌」であったようですね。
残念ながら私はみていませんが、概要は以下で。
日本に紹介されたとき、タイトルは「人生よありがとう」でした。
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/notice/music3.htm

阿部鷲丸さんの作ったビナ・バウシュに捧げる箱はネット上には載っていません。見たいですね。

山の自然は厳しいですが、一方景色の変化は豊かで飽きないことでしょう。

 No.3838 ミルク色の霧の向こうの卵色の太陽 from むゆ  2010/01/23 19:21

つぐみさんの山の便りに豊かな豊かな時間を感じます。
一方、都会はいつもおいたてられるようで、加えてクミコさんも
書いておいでのように、がなりたてる騒音、配慮のない色が街中に
あふれています。どうなってしまうんだろう、この国は---
ペースについていけないのが、当たりまえ。
ビナ・バウシュに捧げる箱、 ビナ・バウシュが憩えるような
温もりのある箱なのですね。
大切な人に捧げるために大切な人が作った箱を大切な人から
贈られる--そんな大切なものが数少なくて良いから身の周りに
あることが贅沢ということ--と思います。
今夜はきっと雪が降り、明日の朝はお客さまが庭先におはようと
現れるのでしょうね。 明日も良い日になりますように。 

 No.3837 今日の山 from つぐみ  2010/01/21 23:45

おにまさん、
「有り難ういのち」の書き込み読み聴きました。
この歌を聴くと「生きる」ことの原点に戻ります。
ビオレッタ・バラの足跡を辿るドキュメントに中で、
メルセデス・ソーサが歌い、
軍事政権に反対する人達が歌っていましたね。
私にとっても一番辛いときに支えたくれた歌でした。

むゆさん、
山は今日雲の中、つまりミルク色の霧の向こうに卵色の太陽が輝いていた日でした。
私の友人、阿部鷲丸さんの作ったビナ・バウシュに捧げる箱は
丸太を二つ割りにして中を少しくりぬいたようなシンプルな
ものです。でも、彼の温かさが伝わってくる。
白州正子さんもこの人の作品を気に入っていて、本でとりあげた
こともありました。彫刻家として決して裕福ではない彼の生き方
から、私は芸術家として生きる勇気を学びました。

いつも皆さんのペースについていけずにいますが、
私もヴーヴォワールの「第二の性」を読み、サルトルとのあり方に感化された時代がありました。
でも今は本当に急速に時代が変わっていきますね。


 No.3836 浅川マキさん 続き from おにま  2010/01/20 23:58

◆マッチさん
相当聴いていたんですね。
私はおととし聴いたのが、生では何十年ぶりだったんですよ。
若いときと同様に引き込まれたので、去年も続けて行ったのです。
すぐ脇に座っていたので、扉のない控え室からマキさんの話し声が洩れ聞こえて来ていました。
よく喋っていて元気そうでした。
ピット・インで聴くのが、これから毎年年末の恒例行事になるかなと思っていたんですがね。残念です。

◆むゆさん
橋を渡っていく人がどんどん増えています。
>いつか私も渡る橋
そうですね。

◆きのうからマキさんの唄を繰り返し聴いています。
YouTubeにある曲をいくつかご紹介しましょう(クリックして下さい)。

「かもめ」(珍しい動画)  「夜が明けたら」  「ちっちゃな時から」  「赤い橋」

「ふしあわせという名の猫」  「あの娘がくれたブルース」  「花いちもんめ」
「裏窓」  「こんな風に過ぎて行くのなら」

自分で訳詞して「セント・ジェームス病院」、「マイ・マン」などの外国曲もカバーした。
その代表曲が 「朝日楼〜朝日のあたる家」

最後にこの曲を。「別れ」

暗い曲が多かったが、あらためて思う。浅川マキは日本には彼女の真似ができない程、独自な存在の歌手だったということを。
マキさんありがとう!

 No.3834 マキちゃんへ from マッチ  2010/01/20 22:17

おにまさん 私もマキちゃんは相当聞きに行っています。 去年の年末のピットインは 彼女のステージーがいたたまれなくて、ちょっと躊躇してしまいました。 あぁ〜行っておけば良かった。いつも煙草とお酒を離さず、シャイで うつむきながら歩く どくとくな姿・ 私は中学生の頃彼女を知って、70年に始めてのアルバムをだしたから、何度も繰り返し聞いた事か。 真夜中から始発まで… 常連のように 参加して、目の悪い彼女は明るい所をこのみませんでした。
一度、青山のライブ前でコーヒーを飲んでいたら、偶然彼女が隣りに座っていたんです。 素顔だったので分からなかった。 話し声で『マキちゃんですか?』って聞いてしまった。 彼女気さくに話してくれました。
懐かしい想い出ですね。沢山の古い想い出の唄を 私も、夜があけたら… って 歌おうかなぁ〜いい人は 早く逝ってしまうんですね。 きっと私、いつまでも生きていたりしてね……。

 No.3833 ビナ・バウシュに捧げる箱 from むゆ  2010/01/20 08:55

つぐみさん
ビナ・バウシュに捧げる箱----。繊細でしなやかなでも力強い硬質なはりつめた美しさ---そんな箱だろうか。素材はなにかしら。ビナ・バウシュに捧げる箱---。イメージだけが膨らんでいます。オオワシのグル、ああどんなに神々しいことだろう。つぐみさん、今朝はどんな朝ですか。
おにまさん
おかえりなさい。渡ったひとは帰らない。橋の向こうに知った人がふえて行きます。いつか私も渡る橋。

 No.3830 浅川マキさん from おにま  2010/01/20 00:44

Lazybones、礼子さん

先程戻り、書き込みを見てマキさんの急死を知って驚いた。
おととしの年末に引き続いて、昨年12月29日も新宿ピットインで聴いたばかりだったから。
控え室寄りの最前列で聴きました。休憩時にステージから下がる時に、暗くて狭いので手を差し伸べたのをよく覚えています。
いつもと変わらぬマキさんだった。それからひと月も経たない内に亡くなってしまうとは。
3日間の名古屋公演最終日に姿を現さず、ホテルの浴室で発見された。
年齢不詳な所があり、67歳だったと今回初めて知りました。
突然、「さよなら あばよ」と赤い橋を渡ってしまったマキさん。
もうあの独特の唄世界を生で聴くことができなくなってしまった。

合掌

◇「かもめ」作詞・寺山修司
おいらが贈ったバラは 港町にお似合いだよ たった
一輪ざしで色あせる 悲しい恋の血のバラだもの
かもめ かもめ 笑っておくれ
かもめ かもめ さよなら あばよ
           
◇「赤い橋」作詞・北山修
不思議な橋が この街にある
渡った人は 帰らない
みんな何処へ行った 橋を渡ってから
いつか きっと 私も渡るのさ
いろんな人が この橋を渡る
渡った人は 帰らない

 No.3827 つぐみさんへ from おにま  2010/01/20 00:09

お久しぶりです。
3日間パソコンが使えない所にいましたので、ご返事遅れました。

妹さんが念願のオオワシを・・・
大空を飛翔する神々しい姿を私も見てみたい。

ビナ・バウシュに捧げる箱の連作ってどんな感じなんでしょうか。

そうです、メルセデス・ソーサ。
「クミコ・外国カバー曲の原曲を聴いてみよう 1」で取り上げましたので、遡ってNo.3754の書き込みをご覧下さい。

 No.3826 あの 歌声が・・ from 礼子  2010/01/19 08:37

ラジオで訃報が流れびっくりしました。

ご冥福心よりお祈り申し上げます。

                合掌。

 No.3825 訃報 from Lazybones  2010/01/18 17:54

浅川マキさん急死
http://www.asahi.com/obituaries/update/0118/TKY201001180177.html
http://www.emimusic.jp/asakawa/main.htm

 No.3824 山からの便り from つぐみ  2010/01/17 18:36

おにまさん、ご無沙汰しています。お元気になられましたか?
心も風邪を引いたのではと心配していました。
今日まで妹が2泊3日でこちらに来ていて、
11回目の飛来を果たしたオオワシのグルを初見。
大空を飛翔する姿を見て、神々しい、って叫んでましたよ。

ビナ・バウシュといえば・・私の友人である彫刻家がフアンで
ビナ・バウシュに捧げる箱というのを連作してました。
その一つをクミコさんから引越祝いに頂き、今も大事に
使っていますよ。
山暮らしも10年になり、都会人のペースにますますついて行けなくなりました・・・。
メルセデス・ソーサって「有り難ういのち」を歌っていた人ですか?

 No.3823 昨年亡くなった人々・・・トニー・ザイラー from おにま  2010/01/16 23:58

昨年は様々な有名人が亡くなった。
知っている名を一部挙げてみると、牟田悌三、アンドリュー・ワイエス、ジョン・アップダイク、大木康子、山内一弘、遠藤幸雄、藤間紫、モーリス・ジャール、金田龍之介、上坂冬子、清水由貴子、忌野清志郎、高英男、藤沢秀行、三木たかし、滝平二郎、栗本薫、ココ・テイラー、マイケル・ジャクソン、ファラ・フォーセット、佐々木七恵、ピナ・バウシュ、リュドミラ・ズィキナ、土居健郎、川喜田二郎、平岡正明、若杉弘、川村カオリ、コラソン・アキノ、古橋廣之進、大原麗子、山城新伍、熊田千佳慕、金大中、トニー・ザイラー、エドワード・ケネディ、クリス・コナー、深緑夏代、竹内敏晴、ニールス・ボーア、マリー・トラヴァース、庄野潤三、アリシア・デ・ラローチャ、中山悌一、メルセデス・ソーサ、加藤和彦、原田康子、南田洋子、三遊亭圓楽、クロード・レヴィ=ストロース、森繁久彌、田英夫、大浦みずき、水の江瀧子、千原しのぶ、丘灯至夫、斎藤耕一、平山郁夫、ポール・サミュエルソン、ジェニファー・ジョーンズ、田辺一鶴、ジミー竹内・・・

特徴は長生きした人の比率が高いこと。それを思うとクミコ・ファンのmidoreさんは早すぎた。
大浦みずきが「サッちゃん」の作詞者でもある阪田寛夫の娘さんだったというのは、亡くなってから知った。
 
12月になって初めて気付くまで知らなかったのが・・・
オーストリーの往年の名スキーヤー、トニー・ザイラーが8月24日に73歳で亡くなっていたこと。
1956年、コルティナ・ダンペッツォ冬季五輪でアルペンスキー史上初の三冠王(滑降・回転・大回転)に輝いた。
この時、猪谷千春が回転で銀メダルを獲得。日本人初の(アルペン競技では現在まで唯一の)冬季五輪メダリストとなった。

後に映画界にスカウトされ、主演のスキー映画が何本か作られた。
荒川静香のスケーティングで日本でも名が知られるイナ・バウアーを相手役に「白銀に踊る」というスケートものの映画もあった。
単純な青春ものの映画だが、私は少年時代にその内3本を観ている。
「白銀は招くよ」(1959年)は日本でも大ヒットして、スキー・ブームが起こった。
ある時期どこのスキー場へ行っても、その主題歌のメロディがゲレンデに響き渡っていた。

あと個人的なことでは、英語以外の外国語で最初に覚えたのがこの主題歌だった。
買ってきたドーナツ盤に付いていた「Ich bin der glücklichsten Mann auf der Welt」で始まるドイツ語の歌詞に、カタカナでルビをふって覚えたものだった。
高校で必修だった第2外国語にドイツ語を選んだのも、ここに遠縁があるかもしれない。

トニー・ザイラー「白銀は招くよ」
http://www.youtube.com/watch?v=vGxf-GyYl9s
同 「Am Fudschijama blüht kein Edelweiß」 「富士山にエーデルワイスは咲いていない」なんていう唄もある。
http://www.youtube.com/watch?v=YUipvaevfTc

トニーの葬儀
http://www.youtube.com/watch?v=a2WKPF8PLVo
トニーを偲んで様々な写真が・・・
http://www.youtube.com/watch?v=Pe1i-thzYQ0
トニーが最初にはいたスキー板(昔はこんなもんでした)や若い頃の映像も
http://www.youtube.com/watch?v=n9CCnYtSmMw

 No.3822 >>>ニッポン放送 from おにま  2010/01/16 23:37

なんとか「五月の空」を聴くことができました。
なかなかいいですね。
「INORI」のカップリング曲だとか。

『届かなかったラヴレター ソングブック』に収録される新曲は、三木たかしさんの遺した「わたしのフェアリーテール」。どんな曲に仕上がったのでしょうか。
 

 No.3821 >>ニッポン放送 from 礼子  2010/01/15 20:09

クミコさんの生歌に大感激!でした。楽しかったです。
クミコさんおはようございます!・・・・と書いたファックスを
書いては消して・・・で結局出すのは控えました(苦笑)

新曲に胸熱く目頭が熱く「五月の空」に感嘆しました。
素敵な一日の始まりにクミコさんありがとうございました!
寒い中大変お疲れ様でした!
 

 No.3820 >ニッポン放送 from おにま  2010/01/15 01:21

礼子さん

「あなたとハッピー」の情報、ありがとうございます。
朝8時30分からですね。
三木たかしさんの書き遺した新曲「五月の空」を生で唄うそうですよ。楽しみ!

だいぶ前に告知しましたが、4月4日「歌姫コンサート 〜さくらの頃に〜」にクミコさん出演本決まり。
4列目で間近に聴けることになって良かったですね。

 No.3819 ニッポン放送。訂正です↓ from 礼子  2010/01/14 10:42

削除キー入力前に・・・すみません。

今朝ニッポン放送「あなたとハッピー」聞いてたら明日のゲストはクミコさんとか。嬉しいな。
あっ!今クミコさんの声音も?(笑)

4月4日の「歌姫コンサート 〜さくらの頃に〜」クミコさんの名がありました。私も無事、申し込めたのでホッ!(*^^)v4列目でした。きっと素晴らしい春の一日となるでしょうねV。

 No.3818 ニッポンhプそう from 礼子  2010/01/14 10:29

4月4日の「歌姫コンサート 〜さくらの頃に〜」

 No.3816 あまりの寒さに冬眠より目覚めました。 from 礼子  2010/01/13 20:21

おにまさんお元気になられ良かった。

蛙たち!もうすぐですね。うれしくてうれしくてその日を待ちわびてます。行かれる皆様ワクワクですよね。「INORI」を、聴けること楽しみです。

 No.3815 情報感謝 from おにま  2010/01/13 00:20

体調不良でしばらくご無沙汰しましたが、もう大丈夫でしょう。

◆むゆさん
映画「夫婦善哉」の情報ありがとうございます。
久しぶりに映画館の画面で観てみようかな。

◆Blue Treeさん
「INORI」storyの情報ありがとうございます。
もう録音は終わったのでしょうか。楽しみに待ちましょう。

 No.3814 Amazonに新曲★「INORI(仮)」story from Blue Tree  2010/01/12 16:16

Amazonに新曲★「INORI(仮)」story が書いてあります。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E6%9C%AA%E5%AE%9A-%E3%82%AF%E3%83%9F%E3%82%B3/dp/B002ZFSAEQ%3FSubscriptionId%3DAKIAJSQMJQVNAZ56DHYQ%26tag%3Doriconstyle07-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB002ZFSAEQ
 Home

 No.3813 夫婦善哉ご案内御礼 from Kii  2010/01/04 22:57

松本さんのリスペクトライブの前後だったら
両方に掛けて是非上京したいところですが・・・残念です
御案内多謝

 No.3812 映画 夫婦善哉 from むゆ  2010/01/04 17:18

クミコさんといえば<織田一枝><織田一枝といえば織田作之助><織田作之助>といえば、夫婦善哉。主演はもちろん森繁久弥、淡島千景。1955年東宝。今回かかりまするは東京は下高井戸シネマ。2月13日から19日。午前9時時50分からのモーニングショー。でございます。伊丹から上京の価値もあろうかと--ここにお知らせいたします。大阪で聴いた<織田一枝>の記憶も新しいままにうれしい上映です

 No.3809 明けましておめでとうございます! from 礼子  2010/01/03 09:36

今年もよろしくお願いいたします

 No.3808 あ! from Kii  2010/01/03 09:11

おにまおめざめおめでとう

 No.3807 今年もよろしく! from おにま  2010/01/03 01:52

◆yonghaさん
昨年4月は、yumemusiさんと一緒でいい思い出になりましたね。
奈良でも一緒でしょうか。

◆恵理さん
ベル・エポックではご主人の還暦祝いができて良かったですね。
また遠路はるばる東京にも来てください。

◆キモッチョさん
そうそう、大塚博堂倶楽部の例会(12月6日)に出席しました。
実に久しぶりでしたが、藤公之介さんと田口徹さんの話はとても面白かった。
その時、キモッチョさんは札幌だったんですよね。会えずに残念でした。

◆むゆさん
そうです、冬眠でした。冬が明ける前になんとか目覚めました。

 No.3804 おめでとうございます!! from キモッチョ  2010/01/01 22:49

昨年はおにまさんに伊丹でしかお会いできませんでしたが、今年は東京でのクミコライブでお会いしたいですね。

今年もよろしくお願いします。

 No.3803 あけましておめでとうございます。! from 恵里  2010/01/01 00:10

今年も、よろしくお願い致します。
まずは、2月19日の札幌「クミコ」コンサートが楽しみです。
それから、東京の方のライヴにも出来るだけいけます様に頑張ります。
こちらのサイトには、おにまさんはじめ皆さんにいっぱい勇気づけられました。
いっぱい、色々なこと教わりました。
皆さん、これからもお世話になります。



前の過去記事へ  次の過去記事へ

このページのトップへ  


過去記事一覧へ  現在の掲示板へ  クミコ音楽酔星へ 




inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system